目の下のくまは原因を知って適切な治療を選択しよう|Beauty Whole Body

くまのできる原因を知ろう

目の下にできるくまは睡眠不足だけが原因ではないことを知っていますか?くまは原因に合わせた治療を行う必要があります。まずはくまの原因やよくある疑問についてチェックしてみてくださいね。

目元にできるくまに関するQ&A

目の下のくまが1ヶ月ほどなくならないのですが何かいい方法はありますか?

目の下のくまが消えない場合は一度、美容クリニックでカウンセリングを受けてみることをオススメします。くまの原因やタイプに合わせて最適な治療法を提案してくれますよ。

くまをなくしたいのですが手術をしない方法はありますか?

くまのタイプや原因が血行不良などによる場合は、適度な運動や食事療法で改善することもできますが、くまの原因が下まぶたの脂肪の膨らみやたるみなどによる影の場合は、脂肪除去などの手術が必要となります。

睡眠を取ってもくまが消えない理由はなんですか?

くまができる原因には色々あり、睡眠不足だけが原因ではないかも知れません。くまの原因に合わせた治療が必要となるので、まずはクリニックでカウンセリングを受けることをオススメします。

女性の目元

そのくま解消できるかも

目の下のくまは、人によって原因がさまざまです。美容整形外科医によると、血行不良のほか、目の周りの脂肪や皮膚のゆるみ、目を強くこすることが原因だと言います。血行不良は寝不足や冷え、疲労などが原因で起こりますが、色が青黒いために青くまとも呼ばれている種類です。目の周りの皮膚はとても薄いので、血液がたまってしまうと色が透けて見え、印象の暗い顔を作るため気になる人も多いでしょう。一時的な場合もありますが、とてもやっかいなくまです。それとは異なり、脂肪が多かったり皮膚や筋肉がたるんだりすることで影が出るくまが黒くまと呼ばれる種類です。これは光によるものなので、上を向くと消えるという特徴があります。加齢のサインでもありますので、ある程度の年齢になったら意識して筋肉を使うようにする対策も必要でしょう。そして目をこすることで現れる色素沈着や肝斑によるものが茶色いくまで、これはシミの一種です。

美容整形で治療できるくま

目の下のくまは、美容整形外科で治療が可能な場合もあります。一番厄介なのは血行不良による青くまで、これを改善するには生活習慣を変える必要があります。黒くまの場合は原因が明確であれば、手術で脂肪や皮膚のたるみを取ることで綺麗に治すことが可能です。茶色いくまはシミに対するアプローチになるので、どういった種類のシミなのかを見極めて治療する必要があります。純粋に色素沈着だけであれば、レーザーによる治療で綺麗に消すことが可能でしょう。ただ、肝斑と複合しているケースも多く、段階的に内服薬やハイドロキノン外用薬などで治療を行う必要がある場合もあります。シミはほとんどの場合混在しているので、一度医師に診てもらうほうが良いでしょう。また、くま自体も複合し、それぞれのくまが重なって現れている場合もあります。美容整形外科にはタイプに合わせた治療の手段が揃っていますので、一度相談してみましょう。

広告募集中