目の下のくまはクリニックでの治療が効果的|Beauty Whole Body
HOME>トピックス>目の下のくまはクリニックでの治療が効果的

くま治療について

くま治療を考えているなら、まずは治療法の種類やくまの原因について把握しておきましょう。

事前に知っておきたいくま治療のQ&A

目元にくまというか黒ずみがあるんですが治療で消すことはできますか?

くまのタイプには血行不良によるものやまぶたの脂肪やたるみによる影が原因のものなどがあります。クリニックではカウンセリングを行って原因に合わせた治療を行うことができます。

下まぶたのたるみはどうやって治療を行いますか?

下まぶたのたるみなどによりできたくまは、クリニックで脂肪除去の手術を行うことで改善することが可能です。また、ヒアルロン酸注入でまぶたの凹みを改善する治療法もあります。

手術以外の治療法もありますか?

治療法はくまのタイプや原因により異なります。色素沈着によるくま治療の場合は、外用薬を使ってメラニンの排出を促進して治療する方法があります。

ダウンタイムを把握しよう

目元

目の下のくまを改善する効果のある美容整形はメスを使う手術、使わないプチ整形限らず術後にダウンタイム期間というものがあります。ダウンタイムとは美容整形を受けてから回復するまでの期間のことで、美容整形・プチ整形どちらも術後に必ず訪れます。近年、メスを使う美容整形も術後に腫れや痛みといったダウンタイムの症状は、比較的抑えられるようになってきています。ですが、全くダウンタイムの無い美容整形・プチ整形というものはないため、目の下のくまを解消する場合もダウンタイムを考慮しなければいけません。一般的にメスを使う美容整形の場合は約1週間から2週間前後、そしてプチ整形は術後約2日から3日程度ダウンタイム期間が続くようです。

ダウンタイム中の過ごし方

目元

脱脂術やハムラ法、ヒアルロン酸注入といった目の下のくまを改善する美容整形・プチ整形を受けた後のダウンタイム期間は、どのように過ごすと良いのでしょうか。基本、目の下のくまを目立たなくする美容整形・プチ整形は入院する必要はなく、日帰り手術で術後はそのまま帰宅することになります。施術当日、さほど腫れや痛みが無くても帰宅したら安静にして身体を休ませることを心がけるようにしましょう。また、どの施術法でも共通するのが術後、医師の許可が出るまでは入浴することは避けてシャワーで済ませる必要があります。入浴をすると血行が促進され目元の腫れや内出血が強く出る恐れがあるので、湯船には浸からずシャワーで対応するのが基本です。

広告募集中