豊胸にオススメな脂肪注入の注意点と費用相場をチェックしよう|Beauty Whole Body
HOME>注目記事>豊胸にオススメな脂肪注入の注意点と費用相場をチェックしよう

基本は日帰り手術

注射器

脂肪注入での豊胸手術はまず脂肪吸引を行い、その後に吸引した脂肪をバストへと注入するという施術を行います。身体にメスを入れる豊胸手術ですが基本は入院することはなく、日帰りできるのでチャレンジしやすいと言えるでしょう。

料金の相場

ランジェリーを着た女性

美容整形を受ける際、まず気になるのが「どのくらいの金額がかかるのか」といった、金銭面ではないでしょうか。脂肪注入法による豊胸手術の費用は注入する脂肪の量で異なりますが、注入費用として約30万円から50万円かかります。この30万円から50万円という金額にさらに、脂肪を吸引する施術費用をプラスした約70万円から100万円前後が平均的な相場です。一括で支払うのが難しいという場合は、医療ローンを組んで支払いできるクリニックで施術を受けると良いでしょう。

ダウンタイムを確認しよう

初めて脂肪注入法での豊胸手術を受けるという場合、術後のダウンタイムを確認しておくことをおすすめします。ダウンタイムとは美容整形を受けてから腫れや痛みといった症状が、収まるまでにかかる期間のことで、このダウンタイムを考慮して施術を受けるスケジュールを決めます。脂肪注入法は術後、約1週間から2週間ほど強い腫れや痛みといった症状が現れるので、できるだけ1週間ほどは仕事を休める体制を整えておくと良いでしょう。

この施術が向いている人

脂肪注入法が向いている人はシリコンなど体に異物を入れたくない、自然にバストアップしたいと考えている女性です。やはり身体に異物と入れるという施術は抵抗感を感じる女性が多いですが、脂肪注入法は自分の脂肪でバストアップできるので、抵抗感が薄まります。シリコンを使う豊胸手術のように急激なバストアップをしないので、周囲に豊胸手術を受けたことを知られるリスクも少ないようです。見た目が自然な形でのバストアップが可能なので、急激なバストの変化を求めるのではないという人にも向いています。

広告募集中